情報処理技術者への道
ホーム
試験概要
受験の流れ
試験勉強
リンク
初級システムアドミニストレータ
基本情報処理技術者
ソフトウェア開発技術者
←春期・秋期 / 春期のみ↓
テクニカルエンジニア(データベース)
テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)
テクニカルエンジニア(エンベデッド)
テクニカルエンジニア(システム管理)
システム監査技術者
←春期のみ / 秋期のみ→
情報セキュリティアドミニストレータ
上級システムアドミニストレータ
テクニカルエンジニア(ネットワーク)
アプリケーションエンジニア
プロジェクトマネージャ
システムアナリスト
 

情報収集
試験で受験するにあたって、受験区分を決める事が重要です。
初めての方は、まずは敵を知ることが第一です。当サイトでは、試験概要で簡単にご案内していますが、若い方(キャリアの浅い方)は初級シスアドまたは基本情報から入られてはいかがでしょうか。
難易度が分からない方は、過去問題+回答例が無料で入手できます(リンク参照)ので、ご参考にしてみてください。
情報処理試験の詳細については、公式ホームページをご覧ください。
 情報処理技術者試験センター

受験申込の方法
個人での受験申込の方法には、郵便局窓口とインターネットとの2種類があります。団体での受験申込の方法は、各企業・学校の担当者にご確認ください。一部の企業等では、受験料の一部を負担する制度を設けていることがありますので、個人で申し込む前に総務か人事などに問合せされると良いかと思います。

申込期間は、春期(4月)試験:1月中旬〜2月中旬、秋期(10月)試験:7月中旬〜8月中旬です。
受験料は、5,100円(税込)です。

○郵便局窓口から申し込む場合
…紙の願書(ダウンロードした案内書PDFは不可)が必要です。大型書店、試験センター支部、受験雑誌付録から入手してください。願書に必要事項を記入のうえ、期間内に郵便局窓口にて受験料の払込をしてください。
○インターネットから申し込む場合
…期間内に公式ホームページから受験申込のリンクを辿り、画面の指示に従って必要事項を入力して申し込んでください。受験料の納付は、クレジットカードまたはコンビニ払込となります。願書は不要です。〆切直前は混み合う場合があります。
※念のため、払込の場合の「領収書」や、インターネットの場合の「受験申込み受付(完了)」メールは、大切に保管してください。

試験の3週間くらい前になると、受験票が郵送されます。記載事項に誤りがないか、確認してください。もし万一、試験2週間前までに到着しない場合や試験区分/試験地に誤りがある場合は、試験センター支部まで電話で問い合わせてください。

前日までの準備
○忘れ物が無いよう準備してください。
・写真 -- 4cm×3cmの顔写真1枚が必要です(受験票に貼付)。事前にご用意ください。
・受験票 -- 個人の場合、郵送で届きます。
・筆記用具 -- 鉛筆と鉛筆削り 又は シャープペンシル、消しゴム、定規
・時計 -- 携帯電話の時計としての使用は不可、電卓機能付きの時計も不可
・昼食、水分、おやつ -- 試験会場(大学)付近の飲食店は日曜が休みの場合や、コンビニが近くにないこともあります。
・上履き (※一部会場のみ)
・その他、メガネ・参考書・温度調整できる衣類(羽織れるもの)・交通費など

当日心得
○出発前に、忘れ物が無いことを最後に一度確認してください。
○試験会場には、時間に余裕をもって到着するようにしてください。
 午前試験は9:30開始、試験説明は9:20(試験開始10分前)からです。
 30分までは遅刻して受験可能ですが、午前試験は時間勝負です。
 会場最寄り駅までの経路は、Googleで  乗り換え 発駅名 着駅名  と入力すると調べられます。

Google
○自分を信じて、頑張ってください(^^) ※不戦敗は厳禁です
 当日、例えばお腹が痛かった場合や、電車などが遅れた場合でも、30分までの遅刻は認められます。諦めずに試験会場へ!

 
inserted by FC2 system